入会のご案内
林経協とは
林経協の活動方針
林経協の提言
活動実績
収支の概要
入会のご案内
定款・役員会等規約
林経協月報
違法伐採対策に関する自主的行動規範等
林経協だより
サイトマップ
表紙にもどる
森林写真
あなたも林経協に加入しませんか

現在、日本の森林や林業は多くの問題を抱えています。

同時に個別の林業経営においても、単独では解決できない多くの課題が山積しています。

会員になることによって、会員の論議の中から今後の取り組み課題を明確にするとともに、森林・林業に関心のある方々との連携を強めて、その課題の解決に向けて、会員が協力して対処することが出来ます。

また、それぞれの経営体が抱える森林の管理・経営に関する懸案について、会員相互の助言、専門家などの幅広い観点からの支援などを得て、より早く解決することができます。

多くの方々が協会活動に参加することをお待ちしています。

会員になるとこんな利点があります
1) 森林施策の実現
森林・林業政策についての発言力を高め、将来に向けた森林施策や林業経営の維持・発展をはかる行政施策などの条件づくりができます。
2) 経営相談
税制、金融、補助事業などの施策を活用し、経営を向上させることについて、多くの方に相談できます。
3) 分科会、部会などでの意見交換
理事会、評議員会、分科会、青年部会、婦人部会などがあり、活発に意見交換ができます。
4) 経営講座
外部講師を招いての勉強会、シンポジュームなどで行政、経済、経営などの幅広い知識を修得することができます。
5) 研修会
造林技術研修、後継者セミナーなどの研修会を開催することがあり、林業技術や経営についての専門的知識・技術を深めることができます。
6) 国内、海外の視察
国内、海外の森林経営視察旅行があり、時代への対応に役立つ知見を深めることができます。
7) 合法木材生産者の認定
グリーン購入法に基づき、政府調達木材製品は合法に伐採された木材であることの照明が必要となりましたが、伐採・搬出業等を営む会員の生産材が合法であることの認定業務を行います。
8) 情報の入手
国内、海外の新しい情報をもりこんだ「林経協季報」や各種の情報を入手することができます。

会員と賛助員

林経協は、会の目的に賛成しその事業に協力する者及び林業を経営する者を会員としており、個人、法人のどちらでも加入できます。

このほかに、議決権はありませんが、森林を所有していない方、または小面積の方で、会の目的に賛同して加入する賛助員制度があります。

会費は、 会員 ・・・ 年額 40,000円以上で森林面積に応じて逓増します。
賛助員 ・・・ 年額 10,000円以上です。
(会費には「林経協季報」の購読料が含まれています)

《季報購読について》

林経協では機関誌として 『林経協季報・杣径』を年4回発行しています。

森林・林業政策のうごき、諸外国の経営動向、優れた森林施業の実践事例、林業税制・金融等の施策、木材価格の状況等に関する情報をお届けします。

年間購読料は、2,800円(送料込)です。
■ <経営講座>
■ <天然林の紅葉>
★入会や『杣径』購読をご希望の方は下記事務局にお申出ください。
住所・電話FAX等